読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

岐阜基地航空祭 その3 F-16

順番に出さなくてもいいか、ということで次はF-16の話。

 

IMG_4581

 フライトに備えて準備をする整備員たち・・・。

と思ってたけど、よく見るとタイヤ転がってるし、それどころじゃなさそう。

明らかにフライト前の点検という様子ではなかった。

 

IMG_4576

 というわけで、本番では予行と違う機体でフライトを実施することに。

 

フライト前の紹介は、英語。全く聞き取れねぇと思いつつ、フライトを待つ。

いや、ここまで聞き取れないのも悲しいものだ。

 

IMG_5815

 予行では撮れなかったハイレートクライムをおさえる。ぐんぐん高度をあげていく。

パワーが大事なのである。

 

IMG_5838

 F-16のフライト時に運悪く雲がかかって暗い写真を量産する。

 

IMG_5860

 高速で翔けるF-16

 

IMG_5980

IMG_5985

 カメラの性能頼りに連射。

予行でもそうだったが、高度をとる演技が多いので、撮影よりも見ることに集中する。

というか、撮れないし、周り見てもカメラを下ろしてる人が続出でちょっと面白かった。

そして、着陸後に「あんなの撮れないよ」という声がちらほら聞こえてきた。

ですよねー。

同時に、「やっぱアメリカは次元が違うなあ」みたいな声も聞こえてくる。

 

F-16を見た印象としては、やはりF-2と比べて小型であることがよくわかったし、

F-5の進化形だなあということ。F-5見たことないけど。

そして、胴体とはエンジンを収める筒であるということだ。

 

岐阜基地航空祭の話は、もうちょっとつづく。