読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

岐阜基地航空祭 その2

つづき。

 

今年の航空祭は、

オープニング(天候偵察)→救難展示→C-130→小編隊→KC-767→F-16→大編隊

がフライト順であったが、今年もなぜか偶然たまたま、どういうわけかXC-2の試験日程と航空祭が重なっており、そのフライトを見ることができたので、まずはそのネタを。

 

C-130の航過飛行と小編隊飛行の間に離陸を開始。例のごとく、T-4によるピックアップエアボーンだ。

 

IMG_5082

きらりと光る胴体。今年、胴体を新造したものに変えて(文字通り)蘇った初号機だ。

補強用ダブラーのないきれいな胴体をみると泣けてくる。

 

IMG_4401

 こちらが、以前の胴体。凸凹がよく見える。

 

IMG_5109

 今年は昨年と違い、ほんとうに試験空域まで散歩に行ってしまった。

 

そして、昼休みのころに戻ってきたXC-2。

IMG_6210

 きれいにしてもらってよかったなあ(しみじみ)

 

IMG_6294

 着陸に向けて旋回を行うXC-2。さすがにC-1と比較するともったりした動きだ。

 

IMG_6335

 着陸。そういや、以前は技本のマークが機首についてたけど、今は防衛装備庁になってる。

 

IMG_6345

 フラップ部の赤塗装と機体の色がよく合っている。

 

ちなみに・・・

IMG_6406

 地上展示されていたXC-2は量産初号機(通算3号機)だった。

そのため、航空自衛隊の文字が入れられている。

すでに4号機も進空しているようだし、いよいよ量産が始まったのだろう。

 

まだ、つづく