読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

An-148を見物に成田まで

飛行機 成田空港

アンガラ航空のAn-148が飛来するとのことで成田空港まで行ってきました。

アントノフといえば、古くはAn-2、最近ではAn-124、An-225の大型輸送機が

有名ですが、An-72/74といったちょっと変わった輸送機も作っていました。

今回見に行ったAn-148はAn-74をもとに開発されています。

最近はAn-178を・・・

 

ちなみに、アンガラとはバイカル湖を水源とする川の名前。

この日の便はその川が流れるイルクーツクへのチャーター便です。

 

前日まで天気が雨予報でしたが、当日、無事晴れてくれました。ありがたい。

 

さて、めでたくA滑走路に着陸。

IMG_9115

 "メラメラ"

遠くで着陸となるので、メラメラがすごい。

さらに傾いた日差しがきつく、白い写真になってしまう。

成田空港の展望デッキで撮ってると、夕日が憎い。 

 

IMG_9125

機体の規模はちょうどC-1と同じくらい。ただ、翼面積は3割ほど小さい。

客席は2-3の構成だそうで、これはSSJ-100と同じ。

他のリージョナルジェットはたいてい2-2の構成で、比較するとAn-148は胴体径がやや太いことになる。

それでも、大型機でいっぱいの成田空港ではかなり小さく見えてしまう。

 

IMG_9278 

 離陸のために転がってきました。どことなく、ATR42のにおいを感じる。

SSJ-100もそうだったけど、旧ソ連構成国の飛行機という雰囲気はない。

そういう意味では、おもしろみはない。

 

IMG_9294

ただ、高翼ジェット旅客機はめずらしい。

 

IMG_9331

 というわけで、無事定刻どおりに飛んでいきました。

 

成田空港に訪れたのが数年ぶりだったので、個人的に収穫が多かった。

なので、成田ネタが続く。