滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

飛びこめ!! 新しい沼!04

 カメラ沼本。新しくなって登場。

f:id:mataari250R:20190112082345j:plain

 Lレンズアライアンスが結成されたから新しくなったんだろうと思います。沼の後ろに「!」が追加されていますね。

 一ページ目からかっとばしてますが、シグマの話だけでなく、ライカが登場します。

奥付にも書かれていますが、もはや書きたいことが多すぎるやつです。次も楽しみだ。

 

Landing Gears vol.3

 脚本第三弾。こちらも年に一度のお楽しみになっている気がする。

f:id:mataari250R:20190112075105j:plain

 "表紙からすごく脚です"

 今回も素敵な写真とともに、機種ごとの要求を満たすために、脚は様々な形に創り上げられる必要があることを知ることができる。

 この本で改めて感じたのだが、旅客機の脚に見慣れているとC-5やC-17のようなタイヤを囲むようにフレームがついている脚はかなり迫力がある。初めて実機で見たときはそのタイヤの数、大きさとともに度肝を抜かれたものだ。

 

 見開きを使って紹介される727のノーズギヤなど、普段自分が脚を撮っているときには考えたことのないおさえ方をしてくるので(せいぜい自分の場合は、正面、横から、ちょっと斜めから。あとは近づいて撮影してる)、脚写真を何枚くらい撮影しているのか気になる。

 

撮り初め成田空港 その2

 その2。いつの間にか成田空港にもいろんな航空会社のA350が就航していますね。

IMG_4902

 ベトナム航空 VN-A897 A350-900 スカイチーム塗装

 ベトナム航空のA350はすでに何度も見てますが、スカイチーム塗装は初めて。シルバー塗装もなかなか似合ってますね。

 

IMG_5302

  フィンランド航空 OH-LWM A350-900

 

IMG_5626

  キャセイパシフィック B-LRI A350-900 

 

IMG_5653

  チャイナエアライン B-18906 A350-900

 滑走路に向かう飛行機が展望デッキの前を通ってくれるのはうれしいですね。間近で見ることができます。

 

IMG_5669

  デルタ航空 N505DN A350-900

 

IMG_5677

  ところで、A350のエンジン(トレントXWB)っていつも白い煙(エンジンオイル)を吹いてるんですが、他のエンジンとは何か違うのでしょうか。ちなみに、アイドル時などのエンジン回転数が小さいときに出るようになっているみたいです。

 

 その他

IMG_5146

 大韓航空 HL8313 A220-300(CS300) 

 A220が成田にも就航。そういや、最近エンジン損傷のトラブルがあったみたいですね。すでに10機発注のうち9機が納入されているようなので、1機程度ならなんとかなるのでしょうが。

 

IMG_5851

  ユタ銀行 N60XC BD-700

 アメリユタ州を本拠地としているユタ銀行所有の機体。たまに日本に飛んできていますが、他国の銀行が日本に用事があるときってどういうときなんでしょう。

 

IMG_5776

 S7航空 VQ-BDE A320

 新塗装になって、より一層メロン感が強くなっています。ちなみに、社名のS7はIATAの航空会社コードから取ってるそうです。

 

IMG_5610

 セブパシフィック航空 RP-C3272 A320

 こちらも新塗装。アクセントとして会社のマークが尾翼と胴体前側に使われていた以前の塗装と比べて、青の模様が黄色の塗装をうまくマッチした塗装となっています。会社名の文字も丸みのある文字へと変更されていますね。

 

IMG_5800

  アイベックスエアラインズ JA14RJ CRJ700 むすび丸特別塗装機

 アイベックスエアラインズ待望の(?)特別塗装機。むすび丸宮城県の観光PRキャラクター、いわゆる、ゆるキャラですね。アイベックスエアラインの拠点の一つが仙台であり、昨年の1月に宮城県と包括連携協定を結んでおり、その取り組みの一環です。左右で塗装が違うようで、片側しか見れていないのでまたどこかで捕獲する必要があります。

  ちなみに、むすび丸塗装機はアイベックスが公式で運航スケジュールを発表しているのですが、この日は運航予定になく、機材繰りの都合で急遽使用が決定したのか詳細は不明です。

 

今年の撮り初めは成田空港

 新年一発目は2年ぶりの成田空港で撮影です。

 撮影場所はいつもの展望デッキ。基本的に逆光なので別のところ(空港周辺の公園)から撮りたいのはやまやまですが、行きづらいのでいつもここにしています。

 

 マレーシア航空 9M-MNF A380 100thA380塗装機

 今回の狙いのひとつがマレーシア航空のA380。実はまだ未撮影でした。

青の流れるようなラインがかっこいいですね。通常のマレーシア航空の塗装とは違うのはやはりA380だからでしょうか。

 

 オーロラ航空 RA-67254 DHC-8-Q400

 狙いその2。オーロラ航空といえば、新千歳のイメージでしたがいつのまにか成田に定期就航していました。

 ちなみに、国際線の運航が停止させられているヤクーツク航空の代わりとしても飛来しているようです。

 

 タイ・ライオン・エア HS-LAJ A330-300

 いつの間にか就航していたシリーズその2。 尾翼の模様はタイの織物の模様をモチーフにしていると思われます。

 

 ノックスクート HS-XBC 777-200

 いつの間にか就航していたシリーズその3。口ばしがトレードマークのノックエアと黄色の塗装がトレードマークのスクートの合弁会社

 黄色のくちばしといえば、妻沼のASK-13も撮影してみたいところ。

 

 エア・ブリッジ・カーゴ VQ-BLR 747-8F

 成田では常連のカーゴ会社のようです。ロシアの会社ですが、機体記号はVQ-Bなのでバミューダ諸島の登録になっています。

 

 まずは、まだ見たことがなかった航空会社と狙いだったマレーシア航空A380を紹介。やはり成田空港はいいですね。次から次へと飛行機が飛んできては、飛んでいきます。

 

大砲とスタンプ8

一年に一度のお楽しみ。

f:id:mataari250R:20181229115001j:plain

 相変わらず、「戦争」に対する題材の選び方がすごい。この一言に尽きる。

 大枠で言うとお話としては4つ分。とにかくおもしろいの必読。

 

 あ、珍しく(?)ラドワンスカ大佐がでてきませんでしたね。ただ、この巻の終わり方からすると次巻に期待。

 

プロジェクト・オブ・スカンクワークス

スカンクワークスの開発史がこの一冊でわかる本。

f:id:mataari250R:20181229113640j:plain

プロジェクト・オブ・スカンクワークス

イカロス出版

 

 スカンクワークスといえば、ご存じロッキードマーティン社の一部門で、先進的な航空機の開発を行っている部門だ。

 もちろん、有名なU-2やSR-71、世界初のステルス機F-117の話も載っているが、おもしろいのは開発中止になった航空機の数々だろう。とにかくその数が多い。

同時に、それらはアメリカでの航空機開発プロジェクトを知ることにもなるので、いかにいろんなことを考えて次々と開発を行おうとしていたかがよくわかる。

 

 特に前半は「なんだこの飛行機は?」となる飛行機が大量発生しています。

 

三沢航空科学館に行ってきた 館内編

 館内編。

f:id:mataari250R:20181209144842j:plain

 目玉のひとつ。航研機のレプリカ。逆光での撮影になるのがつらい。

 

f:id:mataari250R:20181209144947j:plain

 航研機に詳しいわけではないので、どこまで正しく作られているのかはわからないが、細かいところまで作られていることがよくわかる。

 

 f:id:mataari250R:20181209152333j:plain

 98式航空エンジン(ハ9-Ⅱ乙)。航研機に使用されたエンジンと同型のものが展示されている。

 

f:id:mataari250R:20181209145045j:plain

 目玉その2。JACで使用されていたYS-11。エンジンカバーを開いた状態での展示は珍しい。大きな飛行機があんなに小さいエンジンで飛ばせることができるのかと思うと、知ってはいてもなかなか驚かされる。ターボプロップさまさまだ。

 

f:id:mataari250R:20181209145327j:plain

 YS-11も機内に入ることができ、コクピットもそれなりに近くで見ることができる。

 

f:id:mataari250R:20181209150109j:plain

 機体の下も見ることができる、というか機体の下に行くことができる。これも珍しい展示の仕方だ。YS-11に対して強い思い入れがあることがわかる。

 

f:id:mataari250R:20181209145418j:plain

 朝日式駒鳥号。戦前のプライマリーグライダーで、こちらはその復元機。

 

f:id:mataari250R:20181209150213j:plain

 S-51。東北電力で使用されていたもので、3機導入されたが、残念ながら2機は墜落によって失われている。コクピット回りがかなり特徴的な形をしている。

 

f:id:mataari250R:20181209150406j:plain

 他にも、写真のようにライトフライヤーや、白戸式旭号、奈良原式2号飛行機のレプリカが展示されている。

 

 ややレプリカ機が多い印象はあるものの、常時機内を見ることができるYS-11や、S-51、一式双発高等練習機などここでしか見れない機種も多い上、平日であれば三沢基地の離着陸も見ることができるのおすすめの博物館です。

 ちなみに、2階から撮影すると、航研機やYS-11の全体がもっとよく撮れたみたいですね(涙)