滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

メーヴェことM-02Jを見に関宿滑空場まで

 話は前後するが、横田基地航空祭の翌日、千葉県野田市つまりはチーバ君の鼻先までM-02Jをみに行ってきた。

 

 初めてM-02Jを見たのは2010年。その後は2013年に3331 Arts Chiyodaで開催されたOpenSky3.0、2015年の滝川滑空場で行われたヴィンテージグライダーフェスティバルと3回ほど見ており、今回は4回目だ。

 せっかく前日に横田基地航空祭で東京まででてきたことだし、クラウドファンディングで情報がもらえる都合、見に行かない手はないと思いようやく見に行くことにした。

 

 早朝、薄い霧がでている天候だったので、もしかするとフライトはなくなるかもしれないと思ったが、滑走路に到着し周りを見渡すと、フライトには支障がなさそうだった。

1st flight takeoff

  まずは一本目のフライト。やや背中が見える離陸はウィンチ曳航でのグライダーの離陸を彷彿させる。そして、木リブが透けてみえる構造はヴィンテージグライダーのようであり美しい。

 

 

IMG_0143-2

 後ろから。外翼にねじり下げがはいっていることがよくわかる 角度だ。

 

IMG_0156-2

  正面から。

 

IMG_0175-2

 ガル翼かつ後退角。そうであることを知っているがために、この角度は非常に奇妙に見えるとともに、物の見え方の面白さに気づかされる。

 これをみた人は何を連想するのか。自分はもみじの種のようだなあと感じた。

 

landing

  着陸。視点を少し下げてみたことと、滑走路のやや伸びた雑草たちで少しは迫力がでたか?思ったよりメラメラが強かったが、それもまた良しとする。

 

2nd flight  takeoff

 二本目の離陸。無尾翼機特有の、横から見た時のまるっとした印象と、密度の高い感じは好きだ。ただし、真横になると退屈な印象が強くなってしまい危険だ。

 

IMG_0270-2

  二本目なので、少しアップ目の写真も撮ってみる。

 

IMG_0299-2

 この角度からだと、翼の大きい鳥が羽を広げているように見える。

 場周飛行のためもちろん旋回をする必要があるのだが、ラダーがなく、エルロンによるロール制御と体重移動によるピッチ制御だけにもかかわらず(厳密にはもろもろの翼形状が大事な役割を果たしているが)見事な旋回だった。

 

IMG_3240-2

  着陸後、見学者からの質問に答えるパイロットの八谷氏。これは風と機体の向きについて説明しているところ。この日は滑走路に正対(南風)する風だったため、着陸はしやすかったとのこと。ただし、上空ではやや東の成分もあったそうだ。

 また、やはり視程は悪かったそうで、景色がよくなく、あまり飛びたくなるような天気ではなかったとのこと。

 

wing structure

  ばらし中。このあと、佐賀で行われる展示会にドナドナされるとのこと。

 

outrigger/Large diameter tire

  滑走路の草丈が長いことを考慮して実装した大径タイヤのアウトリガー。

 

IMG_3318-2

  胴体はハイエースの後ろに積むことができる。右奥に見える翼格納用のトレーラーをひっぱることで、陸送は車一台で完結することができるというわけだ。

 

 今回は、東京での展示会と佐賀での展示会が続くため、フライトの間隔が長くなってしまうことを考慮して実施したとのこと。

 次回は佐賀での展示会終了後となるため、冬場のフライトになるそうだ。

 

クリーン状態その2

 完全にクリーンな状態のF-4って見たことないよなあと思い早数年。ようやく見ることができた。

IMG_8711-2

 IRANから飛び立つRF-4。小牧基地にて。

 IRAN機をおさえる手があったのかと気づいたのは撮影中のことだ。

今年IRANからでたということは、あと2~3年ほどは使われるということだろう。

 

 F-4の退役も待ったなしの状況なので、あと一回くらいは百里基地に行っておこうかな。

 

GERMAN AIRCRAFT LANDING GEAR

f:id:mataari250R:20180830212219j:plain

 究極の脚本の一つと言って差し支えないだろう。WW2期のドイツ軍の航空機の脚を、写真だけでなく、図も含めて解説された本。

 え、あの飛行機はタイプによってこんなに脚の構造が違うの?とか、え、あの飛行機は初期のころはこんな脚だったのと、脚の違いを楽しむことができます。

 

 単純に、航空機の脚は構造物としてみておもしろいので、脚初心者でも引き込まれること間違いなし。

 

航空機を後世に遺す

航空機を後世に遺す

横山晋太郎

グランプリ出版

f:id:mataari250R:20180830205533j:plain

 かかみがはら航空宇宙科学博物館(現:岐阜かかみがはら航空宇宙博物館)の開館前の航空機収集と、開館後の航空機収集について、当事者の話を読むことができます。

(収集に関しては、あきらかに整合性がとれていないと思われるところもある)

 また、博物館としての(もしくは著者個人の)航空機を文化財として残す考え方は、当時日本に航空博物館がなかった(厳密な話は割愛)中で、スミソニアン博物館をリスペクトする中で固められていったことがよくわかる。

 

 飛行機をどう保存していくかは人によって考え方がかなり違っていて、個人的には飛ばせる飛行機は動態保存、定期的に飛ばしてやるのが一番いいと思っている。

 もちろん、飛ばせるからといっても翼の桁からすべて新調してしまうと、文化財的な価値は小さくなってしまうだろうが、やっぱり飛んでる飛行機をみて「かっけーなあ!」っていう感動が沸き起こるのがいいと思うわけです。

 しかし、純粋に文化財を残すという視点に立てば、飛ばさずに後生大事に屋根の下に保存するのがよく、部品は極力当時のものをそろえてやることも理解できるので人それぞれだなあというのが正直なところ。

 

 

 ちなみに表紙に飛燕の写真がありますが、ほとんど触れられていませんでした。

 

飛びこめ!!沼 番外編01

f:id:mataari250R:20180830205017j:plain

 今回は番外編です。シグマのFOVEONセンサーの解説本になっています。

そもそも、カメラのセンサーがどういうものかさっぱり知らない自分としてはFOVEONセンサーの解説本というよりかは、カメラのセンサーの解説本として面白く読めました。

 当然、ちょこちょこ笑いを取りにくるので注意です。

 

数少ない・・・。

陸上自衛隊の飛ばせるヘリコプター(涙)

IMG_8681-2

  エンストロム480。2011年に受領されてから早7年もたつが、先日ようやく撮影することができた。塗装はメーカー標準色でめずらしく迷彩塗装ではないが、陸自の儀仗服チックな色合いのため特に気にしていないのかな。

 

 それはさておき、陸自の次期AHとかUHとか、飛行停止中のOHなんとかとかどうなるんですかね。なんとか64も飛んでいないのかな?

 

河口湖飛行館で隼をみてきた2018

 今年も見てきました、河口湖飛行館の隼。今年は第64飛行隊(でたぶんあっている)の塗装を施されていましたが、まだ日の丸は入っていません。

 話によると、現在展示中の隼一型は飛行状態で完成をさせるということなので、脚は閉じた状態になるようです。なお、収納状態の脚は再現済み。ちなみに、着陸状態については、現在制作中の隼二型で再現するそうです。いよいよ手狭になっている感じがしますが、まだ増やすとのことで、二型が完成するころには隼一型は吊られるのでしょうか。

 

 なお、相変わらず撮影は携帯電話・スマホのみとなっていますが、SNSへの写真投稿はOKだそうです。ブログがSNSかというと微妙なので、ひとまず写真は割愛しますが。正直、スマホの写真はあまりよくないので、隼の方も制作中の記録本を出してくれると嬉しいなあと思います。