滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

この前の関空撮影

 久々に関空に行くと、まだ見たことのないのがいろいろ見れますね。

IMG_0161

 エバー航空の787。ちょっとボーイングのハウスカラーに雰囲気が似ていますね。もちろん、色は違いますが。

 

IMG_0118

  シンガポール航空スターアライアンス塗装。真っ白!

 

IMG_0028

  チェジュ航空のsplit scimitar winglet装備の737-800。ユナイテッド航空以外では初めて見た。

 

IMG_3958

  キャセイパシフィック航空A350-1000。777-300ほど長いという印象はないけど、それはよく見るA350-900が777-200ほど短くはないからだろう。

 

IMG_0383

  四川航空 A320 B-8372

 四川航空は初めて見ました。ほかにもまだ見たことのない奥凱航空が飛来予定でしたが、夕方ごろの到着だったので、早々に退散しました。

 

split scimitar wingletとはなんだったのか

 暇があったら調べてみようか。さて、どっちがどっちでしょう。

IMG_8191

IMG_8273

  巡行状態とかでいろいろあるんだろうけど、そもそもウィングレットの種類はなんでこんなに多いのかね。

 747-400Dはほとんど弾道飛行だから、ウィングレットの重量分がむしろマイナスに働くと聞いたことがある。

 

関空までANAのA380を撮影に

 3月に日本に到着したANAA380の1号機。5月24日より成田-ホノルル線に投入される予定となっていますが、現在就航に向けて成田-関空間で慣熟飛行訓練が行われています。

 成田の展望デッキでは飛んだ状態の撮影が難しいため、関空まで見てきました。

 

IMG_0204

  これじゃあ、どこで撮ったかわからないですね(汗) まあ、確保は確保です。

 

IMG_0214

  乗客もいなければ、燃料も少ないのでしょう。あがりがとても早いです。

 

IMG_0225

  関空で見ることは今後ほとんどないでしょうから、次は成田であいましょう。

 

RAT展開

RAT(=ラムエア・タービン)は航空機用の補助動力装置のひとつで、風力を動力として油圧や電力を確保するための装置だ。まあ、風力発電機ですな。

IMG_3953

 緊急時に使用する装備のため、普段は見ることができないが、日本ではP-1やC-2の製造後のテストフライトで見ることができる。

 

IMG_2572-2

  こちらは緊急時とか関係なし。

 

飛ぶのは何年後?

OH-1

  ようやくエンジンの改修が完了し、飛行停止が解除されたOH-1。

とはいえ、改良されたエンジンが行きわたるのは何年後?

  そのころには偵察任務も様変わりしてそうだ。

T-4飛行再開か?

 ひさびさにふらっと岐阜基地に行ってみると、4月初めに起こったエンジン故障以来飛行停止となっていたT-4がフライトを行いました。

IMG_9531

  T&Gも一回実施。ひさびさに元気な姿を見ることができた。

 ところで、エンジン故障による緊急着陸が4/2、飛行再開が4/22だったので、わずか20日での飛行再開となった。

報道によると、エンジン故障はタービンブレード折損というかなり大きな故障だったようで、それを原因究明から、対策検討、部品設計、部品製作、組付けまでを行ったと思うと、かなり早い対応だと思う。

 

 どこの部隊から改修部品が配られるのかはわからないが、まずは教育部隊がメインになる気がするなあ。

 

浜松広報館20周年記念行事に行ってきた

 浜松広報館は航空自衛隊への理解を広める目的で、浜松基地に隣接される形で1999年に開設した広報施設だ。そこで20周年記念行事が行われることになったため、見に行ってきました。

 

IMG_9399

  記念式典の主催者あいさつの中で、広報館事業を担っている将官が最初にF-35Aの墜落事故に触れていたことと、少子化によるパイロット等の人材不足に言及されていたのは、広報の仕事としては外せないトピックだったのだろうと思う。

 この日はT-4の離着陸訓練と航過飛行が予定されていたが、三沢でおこったT-4のエンジン故障にともなう飛行停止処置により中止となった。

 

IMG_9248

  航過飛行のために離陸するU-125。

 

IMG_9323

 AWACSの航過飛行。ここだけでしか見ることのできない機種のため、遠方から訪れていた方もいたようだ。

 よくある航空博物館と異なり、生きた飛行機が目の前で見ることができるイベントが行えるのはいい環境だなと思う。

 

IMG_9394

 今回披露された広報館20周年記念塗装機。翼端の水色が一種の迷彩としての効果が見て取れる。翼端オレンジ大事ですね。

 

IMG_3910

 20周年記念エンブレム。記念塗装機とともにデザインは一般募集されていたもので、この日見事採用された方は表彰されていた。

 

IMG_9230

  ラグビーワールドカップ記念塗装機。昨年の航空祭で展示されていたものと同じ。

燃料タンクには今年のエアーフェスタ浜松の日程が書かれていた。

 

IMG_3918

  もしかすると、20周年記念塗装機は今年のエアーフェスタ浜松で展示されるかもしれませんね。