読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

Dakota "Sister Ann" を見てきた

どこかの誰かは、日本でDC-3が見れるのは鹿屋基地だけなんて書いてたけど、そんなことはない。

このダコタ(DC-3)は、実話をもとにした映画「飛べ!ダコタ」のセットとしてタイから佐渡島に運ばれたもの。

それをロケ終了後、佐渡島の海岸におかれたままになっていたものを、

(株)川嶋が買い取って、浜松に持ってきたものだ。

海岸におかれては、あっという間にサビがすすんで朽ちてしまうので、

この買取は近年の展示機の行方をみると、英断だなあと思う。

 

それ以前に、映画のセットにわざわざ実機のダコタを持ってくるのもすごい。

最近の零戦レプリカには飽き飽きだ。

 

IMG_3585

 ちゃんと説明版も設置されている。

 

IMG_3590_2

 塗装は施されていないようで、アルミ肌がそのまま見れる。

さすがに、ピカピカとは言えないけど、くたびれた印象はない。

DC-3特有の後退翼の雰囲気が少しは伝わるだろうか。

 

IMG_3597_2

機体は係留用のブロックにくくられている。こうなると、ブロック側よりも、

機体そのものが破壊されないかが心配になる。

国籍マークは中心が赤色ではなく水色のタイプ。

 

IMG_3608

 コクピット窓付近をアップで。ちょこちょこリベットの頭がなかったり、

サビもでてるけど、状態はよさそう。

 

IMG_3619

 エンジンもしっかり載っている。

 

IMG_3617

 脚もしっかりしている。しかし、華奢な脚だなあ。

 

IMG_3624_2

 ちゃちゃっと見ただけなので、また見に行こう。