読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

「オデッセイ」を観たついでに原作「火星の人」を読む

オデッセイ見てきました。おもしろかったですよ。

全世界が彼の帰りを待っている・・・というよりかは、いかにポジティブに火星で生き残るかといった話です。ところどころのネタに思わずつっこみそうになります。

そもそも、主人公のノリが軽すぎる。やっぱり、これくらいじゃないとね、って感じはしますが。

 

火星で生き残るために、ジャガイモを栽培したり、ローバーを改造したり、あらゆる備品をフル活用します。とにかく、生きていくために必要なことを確実にこなしていきます。

ただ、映画だけだと「?」なところが結構あるので、映画がおもしろいと感じた人には、原作を読むことをお勧めします。

やっぱり、映画の尺に原作の内容全てを盛り込むことは難しかったようです。

 

細かいところで、相違点がありますが、大筋で内容に違いはありません。

個人的には映画版がノーマルモードで原作はハードモードだと思っています。

原作の方が内容/ページ数が多い分、過酷な内容が増えています。

最後の脱出ポイントまでのローバーでの移動中にもハプニングが発生します。

 

「火星の人」はハヤカワ文庫SFより発売中です。