読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

世界初の無給油無着陸世界一周飛行

無給油無着陸飛行を成し遂げた最初の飛行機はルータン・ボイジャー。 一人でもつらそうな狭い機内に二人のパイロットが乗り込み、9日間かけて飛行した。 "写真はモックアップ。実機は両翼端が破損している" 胴体が3つある変わった形状だが、左右の二つは燃料…

ひさびさの成田

An-72狙いの昨年夏以来の成田空港。 今回はめずらしいことに飛行機に乗るために行ったのだが、搭乗までの待ちの時間にいくらか撮れた。 イベリア航空 イベリアはスペイン。昨年10月から実に17年ぶりに成田路線に就航。 スリランカ航空 スリランカはインドの…

輸送機のトイレ

機種によってかなりまちまちだけど、C-130のトイレは非常に簡素なもので、 胴体内部にちょこんとおかれているだけ。 "紙がない?" ところで、これ座って足が地面にとどかないような。 ちなみに、C-2は旅客機のトイレのようにちゃんと個室になっている。

ドリームリフター現る

当初はA380見送ったら帰ろうかと思っていたけど、一応ドリームリフターのフライト情報を確認すると、午後3時頃に飛来するとのこと。 待ってました、この日を。 やってきた。その異様な形状は遠目からでも目を引くかと思いきやそうでもなかった。 この日はや…

タイ国際航空のA380を見にセントレアまで

ちょっと前の話。 3月の一か月限定でセントレアにタイのA380が就航するとのことで見てきました。 日本では成田空港や関空で見ることもできるが、スポットに入ってるところを間近で見ることができるということもあって、またまたセントレアへ。 ででん。写真…

シンガポール航空のA350を見てきた

所用で羽田空港に行くことがあり、時間もちょうどよかったので撮ってきました。 関空では駐機中に機体を見ることができないので、今回は国際線側にて撮影。 見れるのであれば、極力近くで見たいものなのである。 コクピットをアップで。目のクマがかわいらし…

しばらく飛んでいないらしい

やはり、不時着事故での問題が解決していないのだろうか。 少なくとも、原因がエンジンにあったことはわかっていたはず。 "2015年の中部方面隊創隊記念行事にて" そもそもこれを撮ったのが事故後しばらくしてからだったので、 大丈夫になったのかと思ってい…

小牧基地オープンベース 2017 その2

その2はブルーインパルスから。 比較的人が少ない航空祭だったので、前列で撮影ができた。 6号機の離陸。残念ながら、ブルーが飛ぶころにうっすらと曇り空になってしまったので、これといっていい写真は撮れなかった。 着陸後の点検。 結局、航空祭後半はぱ…

小牧基地オープンベース 2017 その1

一週間前の予報では曇りときどき雨くらいの天気予報だったが、 当日は見事に、とまでは言えないがよく晴れてくれた。 小牧基地オープンベースはC-130の編隊飛行で幕を開ける。 異機種編隊飛行といえば岐阜基地航空祭が有名だが、 機体の大きさではこちらも負…

小牧基地オープンベース事前予行などなど

さすがに当日朝一で行くのがおっくうなので、前日入りすることにした。 早起きはつらい。 午前中は前から気になっていたリニア・鉄道館に行っていたのだが、 昼からはいつものエアフロントオアシスへ。ここ最近、名古屋空港出現率が高い。 着くとすごい人だ…

ハンググライダーが似ているのか

シラサギのフライト。腕がはっきり見えるが、前縁によっているあたり まるでハンググライダーのようだ。 尻尾も小さく、縦安定は翼で持たせているのだろうかといらんことを考えてしまう。 ところで、空気を体で直接つかんで飛ぶ感覚ってどんな感じなんでしょ…

普通に売ってるんですね。

アメリカの空港にて。思わず購入した。 4.99ドルとお買い得なのだが、定期購読がさらに安いと分かったので、 購読申し込みをしてしまった。 紙媒体の10か月分でだいたい33ドル。

「がんじき」じゃなくて「かんじき」

どっちだっけと迷ったが、がんじきは熊手のことだ(たぶん通じない人の方が多い) "かんじき装備のUH-1" 雪へのめり込み対策。なんだかんだ、日本中どこでも雪が降り積もるよね。

小牧基地オープンベース出没予定

今週末は小牧基地オープンベース。比較的近場なのに、まだ行ったことがない。 天気が微妙な感じですが、カメラの性能確認がてら行ってみます。

違和感あり

あー、またセスナ172か、と思ってるとなんか違う。 "ストラットがない・・・。なんだこれ。" ちょいと調べると、Cessna P210Nという、これもれっきとしたセスナ社の飛行機。 172に似ているため、違和感を感じずにいられない。 ちなみにこれは6人乗りで脚は格…

新機材試し撮り@中部国際空港

ひさびさにセントレアに行ってきました。 JA2012ぶり二回目で、撮影目的という意味では初めてだ。 セントレアは展望デッキの柵がちょっと奥にあるのでワイヤーを回避するのがちょっとめんどくさい。 まずは100-400mmを80Dに装着して撮影。400mmでこんなには…

空力改善用ではない

アルミテープを貼ると、いい感じに放電して電気的影響による空気の剥離を抑えるらしい(車の話)。 それはともかく、窓枠にアルミテープを貼っている場面に遭遇。まあ、何らかの応急処置だろうことは一目でわかる。 このテープはスピードテープと呼ばれ、応急…

また撮れるでしょ

やけに他の人が撮っているなあと思いつつスルーしていたのだが、 ここでその理由に気づいた。新塗装機だったのね。 ほとんど違いがないから気づかなかった。 まあ、旧塗装ならまだしも、新塗装ならこれからも見れるでしょう。

A350ついでの関空

そういえば、A350を見に関空に行ったときの続きを書いていなかった。 ジンベエジェット JA8992 737-400 一度羽田空港で遠目に見たことがあるが、SWAL塗装とともにまだまともに見たことがなかった。 しっかりおさえるためには沖縄行くのが手っ取り早いのだろ…

ようやく撮れたR2-D2

まだBB-8側しか撮れていなかったスターウォーズ塗装機。 出汁香る空港にてようやくR2-D2側をとることができました。 一応アップでも。 そういえば、C-3PO塗装機が3月に就航しますね。

正面から

なんとなく写真を撮っていると、正面もしくは真後ろからの写真を撮りたくなる。 ついでに言うと、目線もできるだけ低いところで撮りたい。 特に747の低い目線からの写真は一度撮りたいと常々思っている。 退役も進んでいるし、早いうちに撮ってしまわないと。

愛知零式三座水上偵察機

昨年の岐阜基地航空祭にて。 一昨年は見ることをすっかり忘れていたのでようやく見ることができた。 しかし、残念ながら近づくことはできなかったので、遠くから撮影。 同型機が万世特攻平和祈念館に比較的形をとどめて保存されているので、 そちらも一度見…

GE製

ゼネラル・エレクトリックことGEといえば、航空業界的にはジェットエンジンの三大メーカーの一つとして有名である。 たまたま気づいたのがF-86の前脚着陸灯。GEのマークが見える。 GEの源流はトーマス・エジソンが起こした会社にあり、電球のメーカーとして…

社章

空港ではトーイングカーとか給油車とか見るのもおもしろいけど、 ボーディングブリッジをぽけーと見るのもたまにはいい。 "お、川崎重工製だ" しかも古い社章、リバーマークが描かれている。 フライングKもいいけど、こっちのが好きだ。

A350をようやく見てきた

試験機が日本に初飛来したのが2014年11月と、すでに2年以上前の話になるが、 そのA350も昨年秋ごろから、ようやく定期便として日本路線に投入され始めた。 現在は羽田にシンガポール航空が、関空にベトナム航空とチャイナエアラインがA350を就航させている。…

石川潤一の軍用機ウエポン事典

これで航空祭での吊るし物に困ることなし。 石川潤一の軍用機ウエポン事典 イカロスMOOK いわゆる、航空機の吊るし物。とにかく種類が多いし、覚えるのが大変だ。 この本では、近年のミサイル、爆弾etc…について詳しくまとめられている。 そのため、形状、種…

垂直尾翼の前進・後退

戦闘機や後退角効果が必要となる速度域で飛ぶ飛行機はともかく、 レシプロ小型機で垂直尾翼に後退角をつける意味はあるのだろうかと疑問に思う。 ”小型機の代表ともいえるセスナ172” しっかりと後退角がついています。 "曲技・競技機であるエクストラEA-300"…

残念な旅客機たち

ひさびさにブックレビュー 残念な旅客機たち イカロス出版 今でこそ、旅客機メーカーは数が少ないけど、ひと昔、ふた昔前は結構な数のメーカーが存在した。 有名どころはさておき、古い旅客機はまったく詳しくないので、そういう意味でも知らない飛行機のオ…

トルク対策でいいのか?

飛ぶバナナことH-21の垂直尾翼。 二枚ある上に、左右とも固定で後縁が機首が右に向くようについているように見える。 H-21は特に後方が上にせりあがった形状のため、前進時に垂直尾翼的効果がでやすいとか、後部ローターのダウンウォッシュで機首が左に向く…

バイクじゃ厳しいこともある

最近でも航空祭ではバイク・自転車用の駐輪場が用意されていることもあり、 バイクでカメラを運べるように、撮影機材をあまり充実させていない。 しかし、基地外での撮影でどうにもならないのが脚立だ。 "悲しい・・・" もっとも、航空祭では禁止されている…

飛燕をみる

次は飛燕見学だ、とか書いてる割に書いてなかった。 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(名称が変わったのだ)の工事期間中、 収蔵庫にて分解展示されている飛燕を見てきた。 飛燕は収蔵庫の奥の方に展示されている。初めて見る飛燕にしばし呆然とする。 分解さ…

シェブロンノズル

シェブロンノズルといえば、787のエンジンカウルのぎざぎざで有名になった気がするけど、E-jetなんかに使われているCF-34にもシェブロンノズルはある。 シェブロンノズルはファンを通ってきた空気と燃焼ガスを効率的に混合させることで、騒音低減を狙ってい…

名古屋ふたたび

自分でも、こんな短期間のうちに名古屋空港に行くことになるとは思わなかったが、そういう巡り合わせだったのだ。 所用(タツコン2016を見に行ってました)で名古屋にいたときに、 Flight radar24を見ているとMRJの2号機が飛んでいるのを発見。 「行かねば!」…

ふらっと名古屋空港へ

また、飽きもせず行ってきたわけです。 もちろん、お目当てはMRJ。さて、飛んでくれるか。 朝ついたときはまだでていなかったけど、しばらくすると2号機が、 次いで3号機がでてきました。 2号機はしばらくして引っ込んでしまいましたが何かしらの試験は行っ…

JA2016を振り返る その3

最後はヘリの展示でも。今年はモックアップを含めて数機ヘリが展示されていた。 まずはBK117 D-2/H145。BK117 C-2のテールローターをフェネストロンに変更し、 航続距離、全備重量がわずかに増加している。 AW109 TREKKER。ランディングギアでなく、スキッド…

JA2016を振り返る その2

次は屋内展示。数多くの企業が出展しているが、パブリックデーということもあり、すでに撤収済みの企業もちらほら見受けられる。 何か面白いものはないかと探していると、 JA2016開催直前に発表されたヤマハ発動機の新型の産業用無人ヘリFAZER R G2。 ヤマハ…

JA2016を振り返る その1

ここのところ、4年に一度くらいのペースで開催される国際航空宇宙展。 前回はポートメッセなごや開催だったが、今回は東京ビッグサイトで開催された。 開催場所が決定した段階から懸念はしていたのだが、 残念ながら実機展示はほとんど行われず、航空自衛隊…

航空館boon

MRJの初飛行撮影のときから気になっていた航空館boon。ちょうどいい機会だから行ってきた。 この日は土曜日ということもあって、閉館間近でもにぎわっていた。 中にはMU-2とヒューズ369が展示され、他にもエンジンや777の扉なんかも展示されている。 MU-2は…

名古屋空港にて撮影

F-16の予行を見た後、MRJでも見れないかなと思いつつ、名古屋空港へ。 先日の能登空港緊急着陸の影響か、MRJはいなかったので、 FDAをぽけーっと眺めることに。 3号機ピンク 格納庫から引き出される8号機ティーグリーン エンジンの点検です。 1号機レッド。5…

岐阜基地航空祭 その4

ラスト。時系列は特にあわせていません。 老兵に鞭を打つタイプの航空祭。 新田原から百里にF-4の部隊が移ったので、F-4が見れるのは国内で二か所となった。 まだしばらくは、岐阜の空を飛んでくれるはず。 F-16のアクロバットに触発された?スプレッドアウ…

岐阜基地航空祭 その3 F-16

順番に出さなくてもいいか、ということで次はF-16の話。 フライトに備えて準備をする整備員たち・・・。 と思ってたけど、よく見るとタイヤ転がってるし、それどころじゃなさそう。 明らかにフライト前の点検という様子ではなかった。 というわけで、本番で…

岐阜基地航空祭 その2

つづき。 今年の航空祭は、 オープニング(天候偵察)→救難展示→C-130→小編隊→KC-767→F-16→大編隊 がフライト順であったが、今年もなぜか偶然たまたま、どういうわけかXC-2の試験日程と航空祭が重なっており、そのフライトを見ることができたので、まずはその…

岐阜基地航空祭 その1 X-2初の一般公開

名古屋空港に向かったんだけど、岐阜基地航空祭の話を先に。 今年の岐阜基地航空祭では、4月に飛行したX-2が初めて一般公開されることになった。 F-16のアクロ飛行と並んで今年の航空祭の目玉だ。 X-2はステルス実証機として有名だが、推力偏向パドルによる…

岐阜基地航空祭 F-16予行フライト

岐阜基地航空祭の前日はF-16の予行フライトが予定されていたので、 前日入りをしてみてきた。F-16はかなり好きな飛行機だけど、見たことはなかったので非常に楽しみだった。 撮影場所は、岐阜基地でおなじみの滑走路東端にある公園。 おなじみとはいえ、数年…

Dakota "Sister Ann" を見てきた

どこかの誰かは、日本でDC-3が見れるのは鹿屋基地だけなんて書いてたけど、そんなことはない。 このダコタ(DC-3)は、実話をもとにした映画「飛べ!ダコタ」のセットとしてタイから佐渡島に運ばれたもの。 それをロケ終了後、佐渡島の海岸におかれたままにな…

浜松基地航空祭 その2

つづき。 セイタカアワダチソウが広がる滑走路を離陸するブルーインパルス。 続いて、5号機と6号機の離陸。 基本的に、エプロンで見るように演技が組まれているので、外れたところから見ると、 普段と違う見え方をする。 エプロンから南側まで徒歩移動だった…

浜松基地航空祭 その1

JA2016のネタは後回しにして、先日行われた浜松基地航空祭の話を。 諸事情でシャトルバスで行くことになったのだが、これが失敗のもとだった。 なんと、シャトルバスはエプロン側に直行してしまうのだ!悲しい。 エプロンは逆光になるので、南側で撮影をした…

静岡空港 空の日イベント

FDAの機体見学会から、静浜基地の航空祭をはしごし、少し楽しんだ後に静岡空港に戻ってきた。なんでも、この日だけ特別公開されている撮影スポットがあるとのこと。 その撮影スポットに行く途中で撮影した静岡エアコミューターのサイテーション。 特別公開さ…

立川防災航空祭 その2

つづき。 東京防災庁航空隊のAS332。大型のヘリが所狭しと動きまわるのが立川防災航空祭。 災害対応を想定したデモを行うUH-1。 お水ダバァ。背中についているランプみたいなのはIRジャマー。 AH-1の編隊機動飛行。AH-1はUH-1をベースに開発された攻撃ヘリで…

立川防災航空祭その1

静浜の次は立川だ!さすが立川、近くで見るヘリは爆音だ。 シン・ゴジラで一躍有名となった(?)立川だが、空自の航空祭と比較すると入場者数は少なく、まったりと楽しめる航空祭だった。 当日は天候が心配されたが、曇天なるも雨の降らない天気となった。 管…