滑子航空機,覚書

飛行機好きで、写真を撮ったり、プラモを作ったり。

展示場・博物館

河口湖で隼を見てきた。

昨年も訪れた河口湖自動車博物館・飛行館。数年にわたって部分的な展示が行われてきた隼が完成したため、急きょ訪れることにした。 なお、飛行館では写真は携帯・スマホのみOKであるが、ネット上に写真を上げることが禁止されているので、写真は割愛する。 …

飛燕をみる

次は飛燕見学だ、とか書いてる割に書いてなかった。 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(名称が変わったのだ)の工事期間中、 収蔵庫にて分解展示されている飛燕を見てきた。 飛燕は収蔵庫の奥の方に展示されている。初めて見る飛燕にしばし呆然とする。 分解さ…

JA2016を振り返る その3

最後はヘリの展示でも。今年はモックアップを含めて数機ヘリが展示されていた。 まずはBK117 D-2/H145。BK117 C-2のテールローターをフェネストロンに変更し、 航続距離、全備重量がわずかに増加している。 AW109 TREKKER。ランディングギアでなく、スキッド…

JA2016を振り返る その2

次は屋内展示。数多くの企業が出展しているが、パブリックデーということもあり、すでに撤収済みの企業もちらほら見受けられる。 何か面白いものはないかと探していると、 JA2016開催直前に発表されたヤマハ発動機の新型の産業用無人ヘリFAZER R G2。 ヤマハ…

JA2016を振り返る その1

ここのところ、4年に一度くらいのペースで開催される国際航空宇宙展。 前回はポートメッセなごや開催だったが、今回は東京ビッグサイトで開催された。 開催場所が決定した段階から懸念はしていたのだが、 残念ながら実機展示はほとんど行われず、航空自衛隊…

航空館boon

MRJの初飛行撮影のときから気になっていた航空館boon。ちょうどいい機会だから行ってきた。 この日は土曜日ということもあって、閉館間近でもにぎわっていた。 中にはMU-2とヒューズ369が展示され、他にもエンジンや777の扉なんかも展示されている。 MU-2は…

Dakota "Sister Ann" を見てきた

どこかの誰かは、日本でDC-3が見れるのは鹿屋基地だけなんて書いてたけど、そんなことはない。 このダコタ(DC-3)は、実話をもとにした映画「飛べ!ダコタ」のセットとしてタイから佐渡島に運ばれたもの。 それをロケ終了後、佐渡島の海岸におかれたままにな…

C-1 初号機を見てきた。

浜松広報館で展示されたC-1の初号機。初飛行が1970年だから40年以上前に作られた機体だ。 曇り気味の天気で、撮影条件はかならずしもいいものではなかったが、あんまり気にしない。 意外だったのが、その外観。製造から40年(50年も目前)とは思えないほど、く…

F-2・F-15展示@浜松広報館

浜松の広報館。以前から行きたいと思っていたが、なかなか行けず。F-2、F-15のエンジン試運転展示をするとのことで、都合も付いたのでようやく行ってきた。 もっとも、F-15のほうが午後からだったので、見ませんでしたが。 広報館には9:30ごろに到着。エプロ…

紫電改展示館

新田原基地を後にし、フェリーで四国に上陸した。 この日の目的は、紫電改展示館。愛媛県南宇和郡にあり、なかなか行くのが難しい位置にある。 開館時間ちょうどに到着。 鹿屋で零戦をみたばっかりだったので、紫電改を見ると力強さに圧倒される。 この機体…

鹿屋基地資料館と屋外展示機

鹿屋基地資料館ではP-2Jの機首部やT-4のエルロンカットモデルなど、おもしろいものがいろいろ見れる。 零戦52型も見れる。当日は中学生が見学に来ており、案内役の人がエルロンやエレベータを動かして見せていた。操縦桿も同時に動くようになっており、中で…

本体は下

船は浮力によって浮いているが、揚力によって浮かせることもできる。 飛行機と同じで翼から揚力が発生することで船体を浮かせ、低抵抗で進むことができる。実際に使われている例は羽田空港からも見ることができるボーイング929が有名だろうか。 世界最高峰の…

ヤマハコミュニケーションプラザ

所用で近くまで来たついでに、ヤマハコミュニケーションプラザまで行ってきた。 なんでも初音ミク仕様のレクサスLFAが8月末までの展示ということだったのでちょうどよかった。 さっそく初音ミク仕様のレクサスLFA。 「クルマはかくして作られる4」でその詳細…